梓の頭ん中

本は人、人は学校

先日、SHOWROOMの社長の前田裕二さんの本を読んでいたんですけどね。

前田さんは中学生の時に路上ライブでお金を稼いで生計を立てていて、

毎日気づいたことをメモしてたそうなんですが、

その中に「人は歌にお金を払うんじゃない。絆にお金を払う」というメモがあったそうで。

これは商売の本質だと思うんですけど、このことに前田さんが中学生で気づいていたという事実に驚愕しました。

驚愕というより嫉妬に近い感情と言った方が正しいですかね。

私が友達と遊びの罰ゲームで好きな子の家に電話をかけたりしてキャーキャー言っていた年齢で、

すでに生きる糧を自分の手で足で頭で探していた。

凄すぎません?

そらSHOWROOMも生まれるわ。

松下幸之助さんの言葉を借りれば、

砂糖の甘さ、塩の辛さは学問では解らない。
だが舐めてみればすぐ解る。

ですね。

実戦でしか学べない。

自分で経験して考えて初めて理解するんですよね。

自転車の乗り方も説明されるより実際に乗ってみた方がすぐに乗れるようになる。

世の中には沢山の天才がいて、まだ私の知らない事が沢山転がっていて、

その事実はいつも私をワクワクさせてくれます。

いつも知らない事を教えてくれる仲良しさんたち、本当にありがとう。

いつも応援ありがとう♡タップしてね
にほんブログ村 美容ブログ メンズエステへ
にほんブログ村