GOKAN時代

鬼のぱんつ

今晩は!
眠れない!もう朝だ!の梓です!(´◉ω◉` )ギンギン

先日超絶久しぶりにマッサージに行きました。

マッサージ大好きなんですけどね。

マッサージって冷静に考えると映画1本分の時間かかるんですよね。

その時間があるなら私は日本統一の続きを観たい。

とにかくマッサージは好きなんですけどプライオリティの低さから足が遠のいていました。

そう考えるといつもお時間を割いて来て下さる皆様にただただ畏敬の念を感じるばかりです( ᵒ̴̶̷̥́ωᵒ̴̶̷̣̥̀ )

いつも本当にありがとうございます!!!

まぁとにかくその久しぶりにマッサージ行ったんですけど、もちろんオイルのね、そうするとみんな大好き紙パンツをはきますよね。

用意されていた紙パンツは「南米でもブイブイいわせれる」とお墨付きの巨尻の私でもするん☆とはけてしまうほどのデカパン。

たぶん5L。

あちなみにGOKANで扱っております紙パンツも5Lでするん☆とはいて頂けます宣伝です。

「デカっ」

と思いながら鏡に映った自分を見て思いました。

「鬼のパンツみたいやな。」

と同時に頭の中に懐かしいメロディが。

おに〜のパンツはふんふふふーん🎶
つよーいぞ〜
つよーいぞ〜

うわなっつ(懐かしい)。

てかふんふふふーんのとこなに??
おに〜のパンツはなに????

ふ〜んふ〜ふふ〜ん🎶はなんやった??

気になりだしたらすぐにググるのが私の性癖ですが、

ググろうとスマホに手を伸ばしたところに「お待たせしました〜」とセラピストさんが登場。

僅差で調べられず、マッサージ中も鬼のパンツの事が頭から離れない。

 

なんだっけ?
おにーのぱんつは虎模様〜?
つよーいぞー?
つよーいぞー?

 

うん確かに虎模様は強そう、でもなんかしっくり来ない、コレジャナイ感がすごい…

 

鬼のパンツはなんなの?どうなの?
そもそもそれはズボンの意味のパンツなの?
それともパンティー的な意味で?

 

熟練セラピストさんのテクニックにうとうとしてるいる私の頭の中を、

 

はっこう!はっこう!
おにーのぱーんつー!
みんなでっ!みんなでっ!
おにーのぱーんつー!

 

と、おそらく鬼のパンツのサビである部分が軽快にリフレインして夢の中まで鬼がパンイチで踊っていました。

わたし普段から寝言がすんごいので、眠りながら歌ってた可能性すらあります。

終わりましたよーと肩をトントンとされ、ハッ!と目を覚まし、

着替えより先にもちろん秒速でググりました。

 

それではご静聴下さい。

鬼のパンツ」です。

鬼のパンツは いいパンツ
つよいぞ つよいぞ
トラの毛皮で できている
つよいぞ つよいぞ

5年はいても やぶれない
つよいぞ つよいぞ
10年はいても やぶれない
つよいぞ つよいぞ

はこう はこう 鬼のパンツ
はこう はこう 鬼のパンツ
あなたも あなたも あなたも あなたも
みんなではこう 鬼のパンツ

 

 

いいパンツ!!!!!!!!!!!!!!!!!!

思いのほかふわっとしとる!!!!!!

 

いいって、そ、それはつまり、品質とかデザインとか履き心地とかそういうもの全てをひっくるめての意味で??
高級品的なアレで??

と、虎の毛皮で出来ている!?
あ、そうかこの部分を引きずっていて私は「虎模様〜」だと思ったわけね…

つまり100%リアルファーパンティー!

10年はいても破れない!?
それもう絶対ヴィトン製!!!!!!
てかさすがに履き替えようぜ!!!

いや待ってそこまではパンツの説明もしくは自慢だとして受け入れられるとしても、そのあとの「鬼のパンツをはこう!」の怒涛の強要は何???

 

はっこう!はっこう!
鬼のパンツ!
みんなでっ!みんなでっ!
鬼のパンツ!
あなたもあなたもあなたもあなたも

 

怖い怖い怖い!

リズミカル!
もはや読経やん!
歌というかもう読経!

こんな歌を幼稚園で叩き込まれるってどういう意図なの?

私はすぐさま友達に鬼のパンツの歌詞と共に、

この歌の意図は何???

と大喜利のようなLINEを送り付けました。

友達の返答はこうです。

まさかのマジレス。

つまりこの歌は日本が終戦後高度経済成長期に入り、

それまでの良くないパンツでの生活からいいパンツでの生活への過度期に作られた歌で、

国民に消費を促す意図で受け入れられやすいようあえて童謡として作り、

刷り込みのように幼稚園で親子に歌わせた、

こういう事か。

 

 

 

 

 

 

 

絶対ちゃうやろ。

 

私は静かに服を着て、温かいお茶を頂き、セラピストさんにお礼を告げて、

鬼のパンツを熱唱しながら家まで帰りました。

そんな休日。

いつも応援ありがとう♡タップしてね
にほんブログ村 美容ブログ メンズエステへ
にほんブログ村